「家族会議」は、株式相場での東西合戦と恋愛劇を絡めたという珍しい物語です。

映画では、まだ人間が手動で株の売買取引をやっていた頃の証券取引場の「立会場」の様子や、証券会社では黒板にチョークで株価を書き込んでいたというアナログな様子が映し出されていて、なかなか興味深いものがあります。

証券会社のオーナーになってしまう豪商のお嬢さんなども登場して、とても戦前の映画とは思えない斬新な内容でした。
表面的にはいかにも大和撫子調で控えめな女性たちも、実は熱い情熱を秘めていたりして、かなり生き生きと描かれています。

途中に妙な展開の部分が出て来ますが、そこはフィルムが消失してしまったようです。
内容的には「仇討ち」のシーンなので、もしかすると戦後GHQにカットされたのかもしれませんね(^^;

ヘナヘナ系のお坊ちゃま君、高之(佐分利信)


重住高之は兜町にある株店の若き当主ですが、おっとりしていて、ちょっと優柔不断な感じの青年です。

彼は最近、会社の大番頭の娘である春子に、なかば強制的にお見合いをさせられています。
高之には想っている女性・仁礼泰子(及川道子)がいるのですが、その人とは結ばれない因縁があります。
高之の父親は昔、泰子の父である大株屋の仁礼に陥れられて自殺してしまったのです。
高之は泰子を愛していながらも、一方ではやっぱり一緒にはなれないとどこか諦めているような様子です。

春子は高之にとってお姉さんのような存在ですが、彼女は泰子を警戒している様子です。
二人の仲を裂くため、しきりに株屋仲間である梶原の娘・清子(桑野通子)とのお見合いをプッシュしてきます。
そして清子は高之に会うと、たちまち彼が気に入ってしまいます。

そこで立ち上がったのが、泰子の親友である忍(高杉早苗)です。
忍は本当は密かに高之を想っているのですが、高之と泰子が相思相愛な事を知り、何とか二人の結婚を成就させようと奔走します。

ところが肝心の泰子は消極的だし、高之も煮え切らない態度で、忍が間に入らないと何も進展しません。
そのとき仁礼の父親とその秘書・京極は、裏で高之の店を潰そうと画策しているのでした。

イケイケの叩き上げ番頭・京極(高田浩吉)


仁礼の秘書・京極は仁礼に見込まれていて、泰子との結婚話が持ち上がっています。
ところが京極は、泰子が高之を好きなため面白くありません。

彼は仁礼の元で辣腕を振るい、高之つぶしにかかります。
仁礼は「仕手」という手口を得意としているらしく、大きな資本を一気に投入して株価を釣り上げたり、下げたりしています。
そして株の売買だけでは飽き足らず「企業買収」にまで手を広げて(そこまでして?)高之の店の持ち株の株価を急落させ、高之を潰しにかかってきます。

京極は梶原の娘・清子と高之の見合いの事は知らないので、企業買収に必要な株を大株主である梶原から譲り受けたいと相談を持ちかけます。
それを耳にした清子は高之にその話を告げ、お蔭で高之は事前に対処ができて九死に一生を得ます。
ところが高之が清子との縁談を断った事から、清子は敵側である二礼側に回ってしまいます。
梶原とタッグを組んだ二礼は、猛攻撃をかけてきて株式市場は大荒れになるのでした。

東西株屋のガチ勝負

高之は忍の親の力を借りたり、家財を一切投げ売って、一世一代の勝負に出ました。
その真意には、二礼とガチで戦ってでも本気で泰子と一緒になろうという決心が隠れているのかもしれません。
彼は母親に「この勝負でお父さんの残してくれたものは一切失くしてしまうかもしれません」と告白します。
ところが母親は相当に肝が座っていて「店の事はお前にすべて任せてある。お前の思うようにするがいい」と、顔色も変えずに答えるのでした。

高之親子の態度は立派に見えますが、この世界はやっぱり「力」だけが物を言う世界のようです。
高之の店は、けっきょく倒産してしまうのでした。

1936年公開

この映画は、東京の株屋と大阪の株屋との東西合戦を描いています。
東京側である高之は何だか優柔不断で、妙におっとりしていて何が起こってもジタバタしません。
あまりにも常に冷静なので、清子を振るシーンなどは まるで相手をバカにしているような冷ややかさすら感じます。

一方 大阪の京極は農家出身の叩き上げで、まさに「肉食」という感じのギラギラしたガッツを持っています。
ただ当主の二礼と違うのは、高之を破滅させる気までは無いところです。
勝負に勝った事が分かれば、逆に高之に資金援助を提案して「今度は売りに回ればいい」などと言ったりします。

二人はそれぞれ愛する相手と結婚し、前世代の因縁がしだいに解れていく様子が描かれています。
こうして世代交代する事で、負の連鎖はいずれ断ち切られて行くのかもしれないと思いました。

それにしても、こんな企業買収劇はウォール街などの欧米の専売特許だと思っていたのが、戦前の日本の株式市場でも行われていたとは驚きでした。
とはいえ「先物のはじまり」が日本の米相場だった事を思うと、驚く事もないのかもしれません。
ただ、こういう「市場の操作で殺し合う」みたいなやり方は何だか日本的ではないような気がします。
案外こういう手法は、明治期の急激な資本主義化の際に外国から もたらされたのではないか?と勝手に思ったりしました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。